フィネススタイル.com

バス釣り初心者向けにフィネスでバスを釣る方法を紹介するブログ

スナッグレスネコリグでバスを釣る方法・始め方!!

【2021年2月9日更新】

f:id:FinesseStyle:20200723104524j:plain

 

こんにちは、フィネススタイルへようこそ!!

最近フィネスを始めたけど、なかなか思うように釣れない。

スナッグレスネコリグがいいよ!!って勧められたけど、セットの仕方知らないし・・・。

そんなバス釣り初心者のあなたにスナッグレスネコリグについて詳しく説明します。

一緒にスナッグレスネコリグで、バスが釣れるようになる事を目指しましょう。

 

~本記事の内容~

 

当ブログでは、青木大介プロの著書

適材適所のルアーセレクト

バス釣りがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)

 

を参考にしており、フィネスを主軸にしたトップトーナメンターのバス釣りを学ぶ事が出来ます。

 

スナッグレスネコリグとは?

 

元々引っ掛りにくいネコリグを、専用フックを使用してカバー撃ちでも使える様にしたネコリグの一種です。

フックの先端をワームに隠してセット出来る専用のマスバリを使用し、ベイトフィネスで太いラインを使用する事でカバー撃ちを可能としています。

カバーの中でシェイクして誘う事が出来るライトリグの1つです。

 

スナッグレスネコリグに必要なモノは?

 

スナッグレスネコリグに必要なモノは、以下の3点です。

①ストレートワーム

②ネイルシンカー

③カバー撃ち専用マスバリ

 

それぞれ簡単に説明して行きます。

 

①ストレートワーム

まず、ネコリグで使うストレートワームを選びましょう。

ストレートワームは、バス釣りルアーメーカー各社から発売されているので好きなメーカーから選択するのも一つです。

その中から、まずはサイズを選びましょう。

基本的なサイズは、4.8インチです。他に3.8インチは、食わせを重視した小ぶりなサイズで、5.8インチは見ため的にも大きいので琵琶湖やアピール力を高めたい時に選択しましょう。

カラーは、グリパン系がおすすめです!!

f:id:FinesseStyle:20210209220754j:plain

ドライブクローラー4.5インチ

 

②ネイルシンカーの種類を選ぶ 

 

次は、ネイルシンカー(細長い重り)を選びましょう。

ネイルシンカーは、ストレートワームの先に射し込むので、ドリルのような形が特徴的です。挿入しやすいタイプや、抜けにくいタイプがあるので詳しく見ていきましょう。

 

 ☟返しが少なくワームに挿入しやすいが、ホールド力は弱いタイプ

 f:id:FinesseStyle:20200723103815j:plain

シンプルな形でワームに挿入しやすそうですようね、ワームに射しこんだ時もワームの実切れを最小限に抑える事が出来ます。

 

 ☟返しが多く付いているので抜けにくい反面、挿入時にワームを損傷させやすいタイプ

f:id:FinesseStyle:20200723103842j:plain

返しが上のタイプと比べて大きいので抜けにくい特徴があります。

ただ重さを大きくするとサイズも大きくなり射し込みにくくなる特徴があります。一長一短ですね・・・。

 

 ・重さを選ぶ

 

カバーを撃つのに最適な重さを選択しましょう。

カバー撃ちの基本はしっかりカバーに入れれる事と、しっかりボトムまで落とせる事です。

おすすめの重さは、2.3g~3.5gくらいを用意しましょう。

 

④フックを選ぶ

 

・カバー撃ち用マスバリ

 

f:id:FinesseStyle:20200723104023j:plain

 

スナッグレスネコリグは、専用のマスバリを使用します。
針先をワームに埋めて使用してもズレ防止が付いている為、ワームがズレにくく針先がワームに隠れる為、カバーなどで引っ掛りにくいのでカバーを攻める事が出来ます。

 

 ☟セットするとこんな感じになります。

 

f:id:FinesseStyle:20200723104524j:plain

 針先がワームに隠れているので、カバーに入れても引っ掛りにくい構造になっています。

スナッグレスネコリグのリグり方は?

スナッグレスネコリグで使う3つのモノが用意出来たら次は、スナッグレスネコリグのリグり方について学んでいきましょう。

①ストレートワームの先端にネイルシンカーを差し込む

 ※先は少し出てても全部埋め込んでもOKです

②フックにラインを結ぶ

f:id:FinesseStyle:20200809103940j:plain

ラインブレイクが少なくおすすめのノット(結び方)はパロマーノットです。最初は難しく感じるかと思いますが、釣れたと思ったらラインが切れた・・・みたいな悔しい思いをする事が少なくなります。是非、覚えましょう!! 

 

③ワームにフックをセットする

 

スナッグレスネコリグの使い所は?

スナッグレスネコリグをリグれるようになったら次に、どういった場所で、スナッグレスネコリグを使うのか考えて行きましょう(=゚ω゚)ノ

スナッグレスネコリグの特徴は、通常のネコリグでは攻めれない、濃いカバー周りでシェイクして誘えることです。

なのであまり遠くまでキャストはせず、基本は足元がメインのポイントとなります。

これが一番ベストな使い所です。

足元は意外とカバーが多くバスが居ついているもしくはベイトを求めてシャローのカバーに付いたバスを狙いましょう。

 

スナッグレスネコリグの動かし方とは?

次にスナッグレスネコリグの動かし方を、紹介します。

①足元のカバーに落とす

②ブッシュなどに引っかかる場合は、揺らして落とす

③シェイクする手と反対側の人差し指に少しラインを引っ掛ける

④ロッドティップを5cm間隔でシェイクする

⑤シェイクが出来なくなった時、バスがバイト(口に咥えている)しているのえ余分のラインを巻取り、フッキングする

 

スナッグレスネコリグおすすめ動画

スナッグレスネコリグといえば、この人!!川村光大郎さん

リグり方から攻める場所、フッキングの仕方等カバー撃ちネコリグについて詳しく解説しています。

ぜひ、見てみてください!!


隼魂Vol.45 『カバー撃ちだけじゃない、スナッグレスネコリグの全て!』

 

以上、スナッグレスネコリグでバスを釣る方法・始め方でした。

スナッグレネコリグは、足元で使用する事が大半です。

バスは意外と足元に多く潜んでいる事が多いので、静かに近づいてボトムにカバー撃ちネコリグを落としてシェィクしてみて下さい。

ラインが動かなくなった時は、バスがバイトした時なので後はフッキングするだけです。

是非、この記事を読んで試してみて下さい。釣れなかったバスが必ず釣れる様になりますよ。

 

 ☟フィネスでバスを釣る方法・始め方

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com