フィネススタイル.com

バス釣り初心者向けに釣り方・始め方を紹介したブログ

【バス釣り】ダウンショットリグでバスを釣る方法・始め方

f:id:FinesseStyle:20190916230610j:plain

 

Q.1 ダウンショットリグを使ってバスを釣ってみたい。

Q.2 ダウンショットリグでバスの釣り方が良く分からない。

 

こういった疑問に答えます。

 

~本記事の内容~

 

 本記事では、青木大介プロの著書

適材適所のルアーセレクト

バス釣りがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)

を参考にしており、フィネスを主軸にしたトップトーナメンターのバス釣りを学ぶ事が出来ます。

適材適所のルアーセレクト

適材適所のルアーセレクト

  • 作者:青木 大介
  • 発売日: 2015/07/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

【バス釣り】ダウンショットリグとは?

 

ラインの先端にシンカーを付けてシンカーより10cm~30cm 程度上に針を結んだリグの事。シンカーの重さを変える事でシャローからディープまで使用範囲が広く、ワームの種類を変える事でアピール力を変える事が出来る。ハリ掛かりが良く年間を通して使用出来るおすすめのルアー。

 

【バス釣り】ダウンショットリグで用意するモノは?

 

①まずはフックを選びましょう!!

ダウンショットリグは、使用するワームの種類でフックを使い分けます。

用意するのはマスバリとオフセットフックの2種類です。

 

・マスバリ

f:id:FinesseStyle:20200723020829j:plain

ワームの先端にちょんがけしたり、ワームの中央にワッキーがけして使用します。デコイ#6#5番あたりのサイズを良く使用(メーカーによってフックサイズが違うので注意が必要です)

 

・オフセットフック

f:id:FinesseStyle:20200723021106j:plain



少し引っかかりやすい所での使用やワーム長があるタイプはこちらを選びます。デコイ#4・#2番あたりのサイズを良く使用します。(メーカーによってフックサイズが違うので注意が必要です)

 

②次にシンカーを選びましょう!!

シンカー選びのポイントは、形と重さです。状況に合わせた形や重さ選びが大切です。

まずは2種類の形を紹介します。

丸型シンカー

f:id:FinesseStyle:20200723021226j:plain



丸型なのでボトムを感知しやすい反面、ややひっかかりやすい特徴があります。

 

・棒状シンカー

f:id:FinesseStyle:20200416205424j:plain

 

丸型でひっかかる場合は、棒状シンカーがおすすめです。

すり抜けやすい反面、ボトムで倒れ込んだ際にワームが動いてしまう欠点があります。

 

 ・重さを選ぶ

スピニングロッドでフロロライン4ポンドを使用時1.3g〜2.3g位がおすすめです。ボトムを感知出来る重さから初めて状況に合わせてシンカーを使い分ける

・1.8gから初めて引っかかる場合は1.3g、水深があるなら2.3gに変更

ベイトロッドでフロロライン10ポンドを使用時

 

③ワームを選ぶ

・シャッドテール

テールの動きがしっかりと水を押してリアクションで反応させやすい

 

f:id:FinesseStyle:20200723021421j:plain



 

ゲーリーヤマモト レッグワーム

 

・ストレートワーム

移動距離を抑えて一点を集中的に誘いやすい(ワッキー掛けで使用)

 

f:id:FinesseStyle:20200613223306p:plain

 

ジャッカル フリックシェイク

 

・カットテール

細長いシルエットが食べごろサイズの小魚イメージさせやすい

 

f:id:FinesseStyle:20200723104938j:plain

 

 ゲーリーヤマモト カットテール

 

 ・リーチ系ワーム(クリアウォーター向け)

よりナチュラルな小魚に似せたワーム(縦刺しと横刺しで分ける)

 

f:id:FinesseStyle:20200613223508p:plain

 

DSTYLE(ディスタイル) フーラー

 

【バス釣り】ダウンショットリグのリグり方は?

 

①フックとラインを結ぶ

パロマーノット ラインブレイクを少なくおすすめのノット

②シンカーを付ける

付ける場所の下に結びコブを作り外れない様にする。シンカーの重さを変えやすくする為にシンカーに直接結ばない

③ワームをセットする

ワームをセットする時は、ワーム本来の動きを出す為になるべく真っすぐフックにセットする

④完成(簡単です)

 

f:id:FinesseStyle:20200809103451j:plain

f:id:FinesseStyle:20200809103413j:plain



 

【バス釣り】ダウンショットリグの使い所は?

 

①オープンウォーターの岸際と引っかかりにくいカバー

②沈む速度が速い事からディープエリアのボトムやブレイク

③クイ周り

 

サーチベイトとしても可能な為、ある程度場所が絞れたらワームの種類を変えるのもおすすめ!

 

【バス釣り】ダウンショットリグの動かし方は?

 

・縦方向に2.3回あおってフォールさせるのを繰り返す

※フォール時に必ずラインテンションを抜く事

使用ワーム ・・・シャッドテールワーム

使用フック・・・オフセットフック#3or#4

リーダー長さ 10cm前後

 

・ボトムからシンカーが離れない様に1点でシェイクさせる

使用ワーム・・・ストレートワーム/リーチ系ワーム

使用フック・・・マスバリ#4

リーダー長さ 20cm前後

 

・ボトムからシンカーが離れない様にシェイクしながら横移動させる

※テール側が垂れ下がる為必ず横移動させる事

使用ワーム ・・・カットテールワーム/シャッドテールワーム

使用フック・・・オフセットフック#3or#4

リーダー長さ 10cm~20cm

 

【バス釣り】ダウンショットリグのロッドアクション解説動画

参考にするポイント

①リアクションダウンショットのロッドアクション

②遠投した時は少し強めに上げ近投した時は少し弱めに上げる

③ラインにテンションが掛かった状態で動かす

④ロッドアクション後ラインを必ず緩めてワームアクションを活かす

 


青木大介が解説!リアクションダウンショットリグの基本ロッドアクション

 

以上【バス釣り】ダウンショットリグでバスを釣る方法・始め方でした。

ダウンショットリグは、バスが好む水中の地形変化で最も威力を発揮します。今までダウンショットリグを使った事がない人は是非、この記事を読んで使ってみて下さい。釣れなかったバスが必ず釣れる様になりますよ。