フィネススタイル.com

バス釣り初心者向けにフィネスでバスを釣る方法を紹介するブログ

ネコリグでバスを釣ろう!オススメのワームとタックル紹介!!

f:id:FinesseStyle:20200723103528j:plain

 

こんにちは、フィネススタイルへようこそ!!

 

最近バス釣りを始めたけど、なかなか思うように釣れないな・・・。

そんなバス釣り初心者のあなた今回おすすめしたいライトリグは、ネコリグです。

この記事では、ネコリグでバスが釣れるようになるまでを目指せます!!

それでは、詳しく見ていきましょう(=゚ω゚)ノ

 

~本記事の内容~

 

当ブログでは、トップトーナメンター青木大介プロの著書

適材適所のルアーセレクト

バス釣りがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)

適材適所のルアーセレクト

 

を参考にしており、ライトリグを主軸にしたフィネスなバス釣りを学ぶ事ができます。

 

ネコリグって何?

 

ネコリグとは、多くのアングラーがいる中で一人だけポイントのバスを根こそぎ釣ることが出来るリグで、ネコソギリグを略してネコリグといいます。ネコリグの特徴は、ストレートワームの一端にネイルシンカー(細長い重り)を射し込みマスバリをワームのセンター付近に掛けて使います。ネコリグの基本的な使い方は、キャストしたらボトムまで落として、ボトムを感じながらシェイクして動かしボトムをトレースさせて使います。

 次にネコリグに必要なモノを説明して行きます!! 

 

ネコリグに必要なモノは?

 

ネコリグに必要なモノは、以下の4つです。

①ストレートワーム

②ネイルシンカー

③ワームプロテクト

④マスバリ

 

手持ちで持ってるモノがあればそれを使い、無い場合は釣り具屋さんやネット(amazonや楽天)でも購入出来るので用意しましょう。

それでは、それぞれ見ていきましょう(=゚ω゚)ノ

 

①ストレートワームを選ぶ

まず、ネコリグで使うストレートワームを選びましょう。

ストレートワームは、バス釣りルアーメーカー各社から発売されているので好きなメーカーから選択するのも一つです。

その中から、まずはサイズを選びましょう。

基本的なサイズは、4.8インチです。他に3.8インチは、食わせを重視した小ぶりなサイズで、5.8インチは見ため的にも大きいので琵琶湖やアピール力を高めたい時に選択しましょう。

カラーは、グリパン系がおすすめです!!

 

f:id:FinesseStyle:20200723104722j:plain

DSTYLE(ディスタイル) トルキーストレート

 

②ワームプロテクトを選ぶ

ストレートワームが用意出来たら、次にワームプロテクトを選びましょう。ワームプロテクトは、ワームに直接フックを付けると実切れが早く、キャスト時にワームだけ飛んで行ってしまうのを防ぐ為のモノです。ストレートワームとセットで用意します。

 

f:id:FinesseStyle:20200613224519j:plain  

ワームサイズに合わせてチューブ径を選びましょう。

3・8インチのワームは、4mm

4.8インチのワームは、5mm

5.8インチのワームは、6mm

サイズは、径が細すぎても太すぎてもよくありません。

 

 

 ③ネイルシンカーを選ぶ

 次は、ネイルシンカー(細長い重り)を選びましょう。

ネイルシンカーは、ストレートワームの先に射し込むので、ドリルのような形が特徴的です。挿入しやすいタイプや、抜けにくいタイプがあるので詳しく見ていきましょう。

 

 ☟返しが少なくワームに挿入しやすいが、ホールド力は弱いタイプ

 f:id:FinesseStyle:20200723103815j:plain

シンプルな形でワームに挿入しやすそうですようね、ワームに射しこんだ時もワームの実切れを最小限に抑える事が出来ます。

 

 ☟返しが多く付いているので抜けにくい反面、挿入時にワームを損傷させやすいタイプ

f:id:FinesseStyle:20200723103842j:plain

返しが上のタイプと比べて大きいので抜けにくい特徴があります。

ただ重さを大きくするとサイズも大きくなり射し込みにくくなる特徴があります。一長一短ですね・・・。

 

 ・重さを選ぶ

次に重さを選びましょう(=゚ω゚)ノ

使用する重さは、ネコリグを使う水深に合わせる事としっかりボトムを感じられるかで選択しましょう。

基準となる重さは、0.9gですが、1.3g、1.8gくらいまで用意する事をおすすめします。

 

・水深0~1mを攻める場合は、0.9gを選択します。

・水深1~3mを攻める場合は、1.3gを選択します。

・水深3~6mを攻める場合は、1.8gを選択します。

 

※あくまで参考の重さです。ボトムを感じられない時や風が強い時は、1サイズ重いサイズを選択しましょう。

 

④フックを選ぶ

最後にワームプロテクトに引っ掛けてしようするフックを選びましょう(=゚ω゚)ノ

主に使うのは、普通のマスバリです。引っかかる場合は、ガード付きのマスバリを選択しましょう。

 ・マスバリ

 

f:id:FinesseStyle:20200723020829j:plain

オープンウォーターで使用する場合はこちらを選ぶ

(#6・#5番あたりのサイズを良く使用します)

 

☟最後にセットするとこんな感じになります。f:id:FinesseStyle:20200723103528j:plain

 

ネコリグのリグり方は?

 

ネコリグで使う4つのモノが用意出来たら次は、ネコリグのリグり方について学んでいきましょう。

①ストレートワームにワームプロテクトをセットする

②ストレートワームの先端にネイルシンカーを差し込む

 ※先は少し出てても全部埋め込んでもOKです

③フック(マスバリ)にラインを結ぶ

f:id:FinesseStyle:20200809103940j:plain

ラインブレイクが少なくおすすめのノット(結び方)はパロマーノットです。最初は難しく感じるかと思いますが、釣れたと思ったらラインが切れた・・・みたいな悔しい思いをする事が少なくなります。ぜひ、覚えましょう!! 

 

④ワームプロテクトにフックを引っ掛けて取り付ける

 

以上がネコリグの簡単なリグり方になります。

詳しくは下の動画で実際にセッティング方法を見てみましょう!!

 


トルキーストレート4.8インチ(TORQUEE STRAIGHT 4.8inch)実釣解説

 

ネコリグの使い所は?

 ネコリグをリグれるようになったら次にどういった場所でネコリグを使うのか考えて行きましょう(=゚ω゚)ノ

ネコリグの特徴は、ボトムに素早く落としてボトムでシェイクしながら横に動かして使うことです。

なので、少し水深があってボトムに障害物(引っかかるモノ)やブレイクがある所で使用するのがおすすめです。

おかっぱりの人は、岸際を平行に探ったり、周りにカバーが無い場合は、ブレイクや水中の障害物を探すのも一つの使い方です。

 

ネコリグの動かし方とは?

次にネコリグの動かし方を、紹介します。

①キャストしたらボトムまで落とす。

②ボトムまで落ちたのを確認したらボトムから離れない様に竿先を下に向けて5cm間隔でシェイクしながら横移動させる。

③動かしてる途中でネコリグが動かなくなった時は、バスが口に含んだ時なので余分なラインを巻取り

④横や上にフッキングする

 

ネコリグのロッドアクション解説動画

 

参考にするポイント!!

①ボトムを取る為に体の前でロッドを寝かせてシェイクする

②ブレイクなどでネコリグが浮いてしまった場合の操作

③シェイクの仕方は、ラインを張ったり緩めたりを繰り返す(感覚としては張った時にルアーの重みを感じたら緩めるを繰り返す)

 


青木大介が解説!ボトム周辺で探るリグの基本ロッドアクション 

 

以上、ネコリグでバスを釣る方法・始め方でした。

ネコリグは、ボトムの障害物を回避しながらトレースする事が得意なルアーです。ボトムに障害物がある場合は、バスが潜んでいる事が多いので今までネコリグを使った事がない人は是非、この記事を読んで使ってみて下さい。釣れなかったバスが必ず釣れる様になりますよ。

 

 ☟フィネスでバスを釣る方法・始め方

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com