フィネススタイル.com

バス釣り初心者向けにフィネスでバスを釣る方法を紹介するブログ

【バス釣り】ネコリグでバスを釣る方法・始め方!!

f:id:FinesseStyle:20200723103528j:plain
 

・ネコリグを使ってバスを釣ってみたい。

・ネコリグを使ってバスの釣り方が良く分からない。

 

こういった疑問に答えます。

 

~本記事の内容~

 

 

当ブログでは、青木大介プロの著書

適材適所のルアーセレクト

バス釣りがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)

適材適所のルアーセレクト

 

 を参考にしており、フィネスを主軸にしたトップトーナメンターのバス釣りを学ぶ事が出来ます。

 

【バス釣り】ネコリグとは?

 

バスを根こそぎ釣る事が出来るくらい釣れる事からネコソギリグの略称。ラインにマスバリを結びストレートワームの一端にネイルシンカーを入れマスバリをワームのセンター付近に掛けたリグをネコリグといいます。ボトムの沈みモノをトレースするのに有効で、フックの種類やラインの太さを変える事でカバー撃ちでも使え、テキサスリグでは出来ないカバーの中でシェイクして誘う事が出来るフィネスルアーです。

 

【バス釣り】ネコリグに必要なモノは?

 

ネコリグに必要なモノは、以下の4点です。詳しく解説していきます。

①ワームを選択しましょう

ネコリグに使うワームは、ストレートワームです。4.8インチを基準に使用サイズを大きくしたり小さくしたりしましょう。3.8インチは食わせ重視/5.8インチは琵琶湖など広くエリアでアピール力を高めたい時に選択します。

 

f:id:FinesseStyle:20200723104722j:plain

DSTYLE(ディスタイル) トルキーストレート

 

②ワームプロテクトを選ぶ

 ストレートワームが選択出来たら、ワーム切れを減らす為にワームチューブを装着します。ワームに直接フックを付けると実切れが早く、キャスト時にワームだけ飛んで行ってしまうのを防止する為です。

f:id:FinesseStyle:20200613224519j:plain  

ワームサイズに合わせてチューブ径を選びましょう。

サイズは、径が細すぎても太すぎてもよくありません。

 

 ③ネイルシンカーを選ぶ

 

・ネイルシンカーの種類を選ぶ 

 

 返しが少なくワームに挿入しやすいが、ホールド力は弱い

 

f:id:FinesseStyle:20200723103815j:plain

 返しが多く付いている為抜けにくいが、挿入時ワームを損傷させやすい

f:id:FinesseStyle:20200723103842j:plain

 ・重さを選ぶ

 

水深0~1mを攻める場合は、0.9gを選択します。

水深1~3mを攻める場合は、1.3gを選択します。

水深3~6mを攻める場合は、1.8gを選択します。

 

※あくまで参考の重さです。ボトムが感じられなければ1サイズ重いサイズを選択しましょう。

 

④フックを選ぶ

 ・マスバリ

 

f:id:FinesseStyle:20200723020829j:plain

オープンウォーターで使用する場合はこちらを選ぶ

(#6・#5番あたりのサイズを良く使用します)

 

☟セットするとこんな感じになります。f:id:FinesseStyle:20200723103528j:plain

 ・カバー撃ち用マスバリ(カバー撃ちの場合はこちら)

 

f:id:FinesseStyle:20200723104023j:plain

 針先をワームに埋めて使用しズレ防止も付いている為、主にカバー撃ちで使用します。

 

 ☟セットするとこんな感じになります。

針先がワームに隠れているので、カバー撃ちでも引っ掛りにくいセット方法

f:id:FinesseStyle:20200723104524j:plain

 

【バス釣り】ネコリグのリグり方は?

 

①ストレートワームにワームプロテクトをセットする

②ストレートワームの先端にネイルシンカーを差し込む

 ※先は少し出てても全部埋め込んでもOKです

③フックにラインを結ぶ

f:id:FinesseStyle:20200809103940j:plain

ラインブレイクが少なくおすすめのノット(結び方)はパロマーノットです。最初は難しく感じるかと思いますが、釣れたと思ったらラインが切れた・・・みたいな悔しい思いをする事が少なくなります。是非、覚えましょう!! 

 

④ワームにフックを取り付ける

プロテクトチューブ使用時はプロテクトチューブにフックをセットする

 

【バス釣り】ネコリグの使い所は?

 

・軽めのカバー(アシ・ブッシュ・レイダウン・桟橋)を点々と撃つ

・軽めのカバー(上記)をシェイクしながらトレースさせる

・障害物の少ないボトムやブレイクをシェイクして横移動させる

 

【バス釣り】ネコリグの動かし方とは?

スピニングタックルで使用時 

キャストしたらボトムに落とす。ボトムまで落ちたのを確認したらボトムから離れない様にシェイクしながら横移動させる。

 

ベイトフィネスタックルで使用時

カバーにキャスト(ピッチング)したらフリーフォールさせてボトムまで落とす。ボトムに着いたら細かくシェイクして誘う。

※あたりの取り方は、一定のシェィクをしているとバスがバイトして動かなくなるのでラインスラッグを巻取りフッキングしましょう!!

 

【バス釣り】ネコリグのロッドアクション解説動画

 

参考にするポイント!!

①ボトムを取る為に体の前でロッドを寝かせてシェイクする

②ブレイクなどでネコリグが浮いてしまった場合の操作

③シェイクの仕方は、ラインを張ったり緩めたりを繰り返す(感覚としては張った時にルアーの重みを感じたら緩めるを繰り返す)

 


青木大介が解説!ボトム周辺で探るリグの基本ロッドアクション 

 

以上【バス釣り】ネコリグでバスを釣る方法・始め方でした。

ネコリグは、ボトムの障害物を回避しながらトレースする事が得意なルアーです。ボトムに障害物がある場合は、バスが潜んでいる事が多いので今までネコリグを使った事がない人は是非、この記事を読んで使ってみて下さい。釣れなかったバスが必ず釣れる様になりますよ。

 

 ☟フィネスでバスを釣る方法・始め方

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com