フィネススタイル.com

バス釣り初心者向けにフィネスでバスを釣る方法を紹介するブログ

【バス釣り】バスが釣れない理由!!

f:id:FinesseStyle:20200520002749j:plain

 

~本記事の内容~ 

 

当ブログでは、青木大介プロの著書

適材適所のルアーセレクト

バス釣りがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)

適材適所のルアーセレクト

 

 を参考にしており、フィネスを主軸にしたトップトーナメンターのバス釣りを学ぶ事が出来ます。

 

 【バス釣り】バスが釣れない理由は?

 

バスが釣れずに悩んでいませんか?

・・・はい、毎回デコばかりで悩んでいます。

 

釣れないからプロがおすすめするルアーやワーム集めていませんか?

・・・はい、ルアーやワームを集めるのが趣味です。

 

毎回考えながらバス釣りしてますか?

・・・いいえ、気合と根性で神頼みしながら釣りしてます。頼む釣れて!!

 

上級者にこんな感じの人はいないと思いますが、初心者はこんな感じに近

いバス釣りをしているかと思います。

 

バスを釣る為にする事それは・・・場所選びです!!

 

当然の事ですが、バスがいない野池や川・リザーバーでバスは釣れませ

ん。

 じゃあ、琵琶湖はバスが多く生息しているから釣れるはず!!

でも釣れない・・・なぜ? 

何もないオープンウォーターばかり投げていては100投しても釣れませ

ん。なんとなくここ投げとこっで釣れません。上達しません。

 

【バス釣り】バスはどこにいるのか?

では、バスはどこにいるのか?どういった所にいるのか?

バスは、モノにつく魚です。居心地が良い場所(障害物・水生植物・地形変化)に寄り添っています。これらは、身を隠したりベイトを捕食する助けとなる条件になるからです。

なので、釣り場に着いたらまずは目につくモノから攻めて行きましょう。

 

障害物・・・杭や護岸・テトラ・水門などの人口のカバー

水生生物・・・ウィードやアシ・ハス・立ち木

地形変化・・・ブレイクやワンド・ハンプ、オーバーハングなど

 

さらに、季節的要因、ベイトの有無、気象条件を足していく事がバスの居場所を見つけやすくなり、最終的に釣れる条件になるのです!!

 

では、障害物や水生生物・地形変化のある所にキャストすれば釣れるのか・・・。それは間違っているわけではないですがさらにバスが好むのはこれらの複合ポイント!! 

 

ブレイクはバスが小魚を追い込むのに最適な場所です。さらに杭や岩が深場にあったらバスはそこに身を隠して小魚が来たら効率良く浅場や岸際に追い込んで捕食します。

 

バスが好む場所やバスが捕食しやすい場所を考えて場所選びをし、最終的にはバスがどのレンジやポジションにいてどのようにベイトを捕食するのかを考え適材適所のフィネスルアーをキャストするとバスはもっと釣れる様になります。

 

以上が【バス釣り】フィネスでバスが釣れない理由編でした。

バスはモノにつく魚です。目立つモノや季節的要因など組み合わせて考えながらバス釣りをする事が上達につながります。是非、次回のバス釣りから実践してみて下さい!!

 

 ☟フィネスでバスを釣る方法・始め方

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com