フィネススタイル.com

バス釣り初心者向けにフィネスでバスを釣る方法を紹介するブログ

フィネスで使うタックル紹介:ロッド編!!

f:id:FinesseStyle:20200525214711j:plain

 

 

最近バス釣りを始めた初心者です。

フィネスで使うロッドの選び方を教えて下さい。

 

 

~本記事の内容~

 

 

 当ブログでは、青木大介プロの著書を参考にしており、

フィネスを主軸にしたトップトーナメンターのバス釣りを学ぶ事が出来ます。

☟購入はこちらから

 

フィネスで使うロッドとは?

フィネスで使うロッドは、主にスピニングロッドを選択します。状況に合わせてベイトフィネス用ロッドやパワーフィネス用のパワー(硬さ)のあるスピニングロッドを選択します。

 

スピニングロッドの特徴とは?

スピニングロッドは、軽めのリグ(仕掛け)で細めのライン(フロロライン4ポンド~6ポンド)の操作に適した柔らかい設計になっています。小さくて軽いフィネスルアーをキャストしやすく、フィネスな釣りに求められる繊細なロッドアクションも可能です。

 

フィネスで使うロッドの長さは?

 現在のバスロッドの標準的な長さは、スピニングロッドで6フィート~6フィート6インチという長さが一般的です。フィネスで使うロッドは、短めの方がキャストしやすく取り回しのトラブルも少ないので、初めてフィネスロッドを選択する場合、6フィートから長くても6フィート4インチ程度がおすすめです!!

 

フィネスで使うロッドの硬さは?

フィネスで使うルアーは3g~10g位を使用す事が多いのでそれに合わせた硬さを選択しましょう。

例:スモラバ1.8g+トレーラーワーム3g=4.8g(実際は6g位)

 

バスロッドはやわらかいものから順に、

・ウルトラライト(UL)  ルアー重量 0.5 g~3.5 g

・ライト(L)       ルアー重量 1.5 g~  7 g

・ミディアムライト(ML) ルアー重量 3.5 g~ 12 g

・ミディアム(M)     ルアー重量   7 g~ 20 g

・ミディアムヘビー(MH) ルアー重量  10 g~ 28 g

・ヘビー(H)       ルアー重量  15 g~ 50 g

・エクストラヘビー(XH) ルアー重量  18 g~ 70 g

※メーカーによって基準や表記が異なります。

 

フィネスで使うロッドは、ウルトラライト(UL)、ライト(L)、ミディアムライト(ML)の3種類の硬さから選択すると良いです。

最初の1本を選ぶなら、汎用性に優れてさまざまなフィネスルアーに対応したライト(L)ロッドがおすすめ!!

ウルトラライトは、クリアウォーター3ポンド以下のラインでよりフィネスな釣りで使用する場合に選択します。

ミディアムライトは、PEラインを使用して虫系ルアーで表層釣りをするなど少しロッドパワーが欲しい時に選択します。

 

フィネスで使うロッドのテーパーは?

ロッドには硬さとは別に曲がり方を示すテーパーがあります。

ロッドが曲がり始める部分が、先端に近い位置から曲がり始めるのか、真ん中なのか、グリップに近い部分なのかを表しています。

 

・ファーストテーパー(先端側が曲がるもの) 

・レギュラーテーパー(中間部分が曲がるもの)

・スローテーパー  (手元側が曲がるもの)

 

上記3種類のテーパーから選択します。

フィネスで使うのは主にファーストテーパーを選ぶといいでしょう。

 

 

ファーストテーパーを選ぶ理由は?

フィネスな釣りでファーストテーパーを選ぶ理由は以下の3つです。

 

①先端が曲がる事で近距離でのピンスポットへのキャストがしやすい

②フィネスルアーを竿先でシェイクして細かく動かす事が出来る

③ボトムの感触や繊細なアタリを察知する事が出来る

 

フィネスルアーはボトムを感じながらシェイクする事が多く、また、繊細なアタりを察知する事が出来るかが釣果に影響します。

 

以上が、フィネスでタックル紹介:ロッド編でした。

バス釣りロッド、シマノ、ダイワ、アブガルシア、その他各社さまざまなメーカーから販売されています。今回説明した事を踏まえた上で実際に触ってシェイクしやすいとか軽いとかを体感して予算にあったロッドを使いましょう。

 

 

 ☟フィネスでバスを釣る方法・始め方

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com