フィネススタイル.com

バス釣り初心者向けにフィネスでバスを釣る方法を紹介するブログ

【バス釣り】冬にバスを釣る方法!!

f:id:FinesseStyle:20200414144516j:plain

                                   

冬のバス釣りついて学びたい

冬にフィネスでバスを釣る方法がわからない

 

こういった疑問に答えます。

 

~本記事の内容~

 

当ブログでは、青木大介プロの著書

適材適所のルアーセレクト

バス釣りがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)

適材適所のルアーセレクト

 

 を参考にしており、フィネスを主軸にしたトップトーナメンターのバス釣りを学ぶ事が出来ます。

 

【バス釣り】冬のバス釣りについて

 

冬のバス釣りにおいて1番のネックになるのは、寒さです。水温が15度を下回るとブラックバスは冬を意識し始め、温度変化の少ない水温が安定した場所へと移動します。特に深場へ落ちる傾向にあり、エサもあまり追わなくなります。1年でもっとも水温が下がるこの時期は、寒さをいかにかわしていくかが釣果に大きく影響します。冬のバス釣りを攻略するうえで重要になるのは、水温の高さではなく、水温の安定で一番のベストは、より高水温で水温が安定している場所を探す事が冬のバス釣りの基本となります。

 

【バス釣り】冬バスのいるポイント

 

冬バスは釣れないと思われがちですが、条件の良い場所に魚が集中している事が多く、必ず釣れるバスも存在するので諦めずに下記3つの条件を意識しながら良いポイントを探しましょう。

①この時期吹く北風は、水温を低下させるので北風が当たる場所は水温が安定しません。なので、この冷たい北風を確実にプロテクトしてくれる事が、1つ目のポイントになります。

②夏のパターンとは真逆となる水が動きにくい場所が良く、閉鎖的小規模エリアがよくなります。こういった場所は水が動きにくいことで水温が安定しやすいからです。

③晴れた日中に日が当たるシャローは水温が上昇しやすいですが、夜になると冷え込みやすく水温変化が大きくなるので向きません。

 

【バス釣り】フィネスで冬バスの狙い方

 

フィネスルアーで冬バスを狙う方法は、ゆっくりボトムを誘うか素早く動かして反射的に食わせるリアクションの釣りがセオリーになります。この時期のバスは、吸い込みが弱くなるのでボリュームのあるワームはおすすめしません。

 

・ボトムでゆっくり誘う事が出来るフィネスルアーは、スモラバです。カバー撃ちでも使え、小さくてもアピール力があり吸い込みやすいのが大きな特徴です。

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com

 

反射的に食わせる事が出来るフィネスルアーは、ダウンショットリグです。ディープエリアでじっとしているバスにリアクションで誘う事が出来るのが大きな特徴です。

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com 

【バス釣り】冬の大型バス狙いについて

フィールドで最低水温になる1月、2月頃のバスは、深い所でじっとしていることが多く、代謝が落ちるためエサもあまり食べなくなります。こんな時に期待したいのが、水温変化に比較的強い大型の一発です。大型のバスは、生きて行く為にある程度エサを食べる必要があり、比較的水温が上がりやすいシャローでエサを捕食する時間帯があります。天気の良い日の朝まずめや夕まずめにスローに動かせるフィネスルアーでアプローチすると良いのでおすすめです。

 

冬はエビなどの甲殻類が冬眠するので、メインのベイトが小魚になるので横にスローに動かせるミドストがデカバスを狙うのにおすすめのフィネスルアーです。 

☟シャローのデカバスを狙うのにおすすめのフィネスルアー

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com

 

 

以上【バス釣り】冬にバスを釣る方法でした。

冬は、バスを釣る事が難しい時期です。ですが、水温が安定した場所を見つける事が、バスを釣るポイントです。また、大型のバスは水温に関係なく捕食をしているので朝まずめと夕まずめに大型バス狙いもおすすめです。今まで冬にバスを使った事がない人は是非、この記事を読んで考えながらバス釣りをして下さい。釣れなかったバスが必ず釣れる様になりますよ。

 

 ☟フィネスでバスを釣る方法・始め方はこちら
www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com