フィネススタイル.com

バス釣り初心者向けに釣り方・始め方を紹介したブログ

【バス釣り】夏にバスを釣る方法

f:id:FinesseStyle:20200407194544j:plain

 

Q.1 夏のバス釣りついて学びたい

Q.2 夏にフィネスでバスを釣る方法が知りたい

 

こういった疑問に答えます。

 

~本記事の内容~

 

 本記事では、青木大介プロの著書

適材適所のルアーセレクト

バス釣りがある日突然上手くなる (釣力UP!壁を破る超常識シリーズ)

を参考にしており、フィネスを主軸にしたトップトーナメンターのバス釣りを学ぶ事が出来ます。

適材適所のルアーセレクト

適材適所のルアーセレクト

  • 作者:青木 大介
  • 発売日: 2015/07/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

【バス釣り】夏のバス釣りについて

 

ブラックバスは高水温期になると、日中の水温が上がる時間帯は活発に行動しなくなり、朝・夕まずめの比較的水温が低い時間帯のみ捕食行動をするようになります。また、水中の酸素量が少なくなる事から、バスの動きも制限され元気がありません。酸素量の多く低水温を維持しやすい流れ込みやウィードエリア、シェード(日陰)を形成する人工物や自然物の下、冷たい水があるディープエリアなどが夏の好条件になりやすい為、比較的バスを探しやすい時期です。

 

【バス釣り】梅雨にバスを釣る方法

 梅雨に入ると雨や曇りの日が多くなります。日照や気圧の影響でバスは浮きやすく行動しやすくなる為、トップウォータールアーが効果的になります。朝まずめや、夕まずめの薄暗い時間帯は表層にバスを誘き出すチャンス。いきなり水面がさく裂するエキサイティングなフィネスなバス釣りを楽しむ事が出来ます。

 

 

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com

 

【バス釣り】真夏にバスを釣る方法

 

 真夏になると水温が25度を超えバスはより涼しい所に身を潜めます。狙い目は日陰(シェード)や、水の流れ込んでくる所。具体的な例としては、1日中、日が射さない樹木や橋脚などの影、浮かんでいるゴミやリリーパッドの下、葦やウィードの中、新しい水が流れ込んでくる場所、川なら瀬の周辺やメインチャネル(水の通り道)のディープエリアといったポイントが有望になります。

 

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com

 

 梅雨時は雨が多く表層が雨でカーテンの様に遮られる為、バスへの人的プレッシャーが少なく活性が高いバスを釣る絶好のチャンス。家で釣り動画を見るよりレインウェアを購入してバス釣りに出掛けましょう。安価で性能も良くバス釣りで使えるレインウェアも取り揃えているワークマンがいい!ので是非一度、覗いてみて下さい。

  

以上【バス釣り】夏にバスを釣る方法でした。

梅雨時期や夏の朝夕はトップがおすすめの時期です。今までトップでバスを使った事がない人は是非、この記事を読んで使ってみて下さい。釣れなかったバスが必ず釣れる様になりますよ。