【バス釣り】フィネススタイル.com

フィネスなバス釣りを学んでより多くのバスを釣れる様にする事を目的としたブログ

【バス釣り】バスを釣る為に知っておくべき捕食行動5選!!

f:id:FinesseStyle:20200427232746j:plain

イメージ図

 

 

バスの捕食行動について知らないから学びたい

捕食行動を学ぶ事でバス釣りにどう活かせるのかわからない。

 

本記事では上記の悩みを解決します。

 

~本記事の内容~

 

【バス釣り】バスの捕食の理由について

 

ブラックバスは障害物に寄り添っていたり静かに物陰に身を隠していたりすることの方が自然な状態です。ルアーにバスが反応するのは空腹を満たす為だけではありません。動くモノへの好奇心や平穏を邪魔されたり卵や稚魚を外敵から守るための威嚇だったりとさまざまな理由があります。

 

【バス釣り】バスの捕食行動について

 

バスが捕食する場所はエサの確保がしやすい所というのが基本です。ベイトを追うなどの目的がなければ、比較的深場で快適な場所でジッとしていることが多のですが、しかし、生きている以上必ず何かを食べなければ死んでしまうからそこから離れて浅場のベイトが豊富な場所に移動します。ルートは決まっていて、体を隠すことのできる障害物を伝いながらエサ場に向かい、浅場に到着したら物陰などで待ち伏せしてエサを捕食します。

 

【バス釣り】バスの捕食の仕方について

 

バスは効率良くベイトを捕食する能力に長けている賢い魚です。ベイトの通り道となる岩陰や木陰に身を潜めて待ち伏せしていることが多く、長時間ベイトを追いかけまわすよりも比較的至近距離まで近づいてベイトを捕食します。その為、ベイトを狙ってバスは障害物へと近寄って行きます。しかし、そうしたバスは30分~1時間が過ぎるとまた住み家(比較的深場の快適場所)へもと来た道筋を通って戻っていきます。

 

【バス釣り】バスの捕食するベイトについて

 

エビやカニなどの甲殻類やワカサギ、鮎、フナ、ブルーギルなどの小魚、カエルや昆虫類などが一般的です。これらのエサとなるものが地形の変化のある所、水流の変わり目や水深のある場所に生息しているので、バスが捕食するベイトとなるに似せたルアー選びが重要になります。

 

【バス釣り】ベイトを食べるタイミング

 

バスは1日に自分の体重の10%~15%の量のエサを食べると言われています。24時間泳ぎ回ってエサを探しているわけではなく、休んでいる事の方が多く、水温や水質、時間帯(日照)の影響が大きく関わっています。釣り全般で言える事ですが、まずめと呼ばれる時間帯があり、魚がもっともベイトを求めるゴールデンタイムと認識されいます。夜明け前の太陽が昇りきらない薄暗い時間帯を【朝まずめ】、日没前の薄明るい時間帯を【夕まずめ】といい、まずめを過ぎるとだんだん釣果も上がらなくなってきます。これが時間帯によるベイトを食べるタイミングです。

 

 

以上が【バス釣り】バスを釣る為に知っておくべき捕食行動5選でした。

バスの捕食行動を知る事でどのタイミングでバス釣りをすればいいか分かりましたか?バスについて知る事がバスを釣る事に繋がります。今日からあなたもバスについて考えながらバス釣りをして多くのバスを釣り上げましょう!!

 

私がフィネスなバス釣りの参考にしている青木大介プロが毎回3匹重量設定のLIMITMAKEすべての作品が見放題【ABEMA】で視聴出来ます。是非、参考にして見てください!!

 

www.xn--dckc6da4a0f9b6k.com